NARIMUNE GROUP
Japanese   English   Thai
ホーム > 事業案内 > 製品製作サービス > 超精密砂型鋳造
事業案内

超精密砂型鋳造

超精密砂型鋳造工法(IPSC工法)

精密砂型工法の特徴

現在、試作も最終段階になると、よりダイカスト品に近い高精度の試作品が求められます。しかし、その製作には多くの 工程が掛かり、コストもかなり高いのが現状です。

そこで当社では超精密砂型鋳造工法の導入により、試作開始から、よりダイカスト品に近い素材のご提供を 実現することが出来るようになりました。

《IPSC工法の特徴》

  1. - 精度は金型鋳造の一般公差に準ずる。
  2. - 石膏鋳造に比べ、コストが1/3〜3/4程度である。
    (但し、製品形状によって若干の差がある。)
  3. - 製品形状にもよるが、総生産台数400〜600個まで製作可能である。
  4. - 面粗さは別紙に示すように、ダイカスト品により近い。
  5. - 設計変更があっても、木型同様すぐに設変が可能である。
  6. - 試作開始時から、よりダイカスト品に近い素材が出来る。
  7. - 従来の鋳造品に比べ精度が高いため、加工レスにつながる。
湯回り ダイカストと同等 フィレット、コーナーRまで湯を廻します
面精度 平均25z (最高15z) 必要な部位は12Sの面精度を確保してダイカストと同等品をご提供いたします
使用可能材質 AC2A、2B、4B、4C、7A、9B、A390、ADC10、AH-14  
肉厚 自動車関連
家電関係

ダイカストを前提に、
一般肉厚2.5mmに対応
ワークサイズによっては、
   肉厚2.0mm対応、
冷却フィン、先端1.5mm勾配1度対応

製作日数 ミッション (2D、35日 3D、25日)
カバー (2D、25日 3D、15日)
家電 (2D、21日 3D、15日)
全て機械加工完
データー検証は含みません
対応可能
CADシステム
I-DEAS、UG、CATIA、PRO-E、STEP、IGES、PARASOLID 等
あらゆるCADシステムに対応可能
型製作前段階で、勾配、肉厚等
検証
品質保証 寸法測定方法
三次元測定器(接触式)にて実施
内部欠陥
切断、必要に応じて
リーク検査
熱処理 社内 T5、T6、T7 必要に応じて、その他の熱処理に対応
含浸処理 樹脂、水ガラスに対応  

各種鋳造法による差異

  基型 寸法精度 抜き勾配 鋳肌
砂型鋳造 木型・樹脂型 1% 1.5°〜3.0° 50〜150z
石膏鋳造 シリコン型 0.3〜0.5% 1.5° 6〜25z
精密砂型鋳造 (IPSC) 樹脂型 0.3〜0.5% 0.5°〜1.5° 15〜35z

IPSC工法鋳造品面粗度測定データ

鋳肌の粗い部位

ROUGHNESS
CUTOFF = 0.8mm
TRAVERSING LENGTH = 2.50mm
MAG. = 2000
Rz = 27.68μm

27.68z
ROUGHNESS
CUTOFF = 0.8mm
TRAVERSING LENGTH = 2.50mm
MAG. = 2000
Rz = 27.68μm

29.99z
 

一般的な部位

ROUGHNESS
CUTOFF = 0.8mm
TRAVERSING LENGTH = 2.00mm
MAG. = 500
Rz = 2.8μm Rmax = 17.9μm Rz = 10.9μm

10.9z
ROUGHNESS
CUTOFF = 0.8mm
TRAVERSING LENGTH = 2.00mm
MAG. = 500
Rz = 3.6μm Rmax = 26.4μm Rz = 14.4μm

14.4.z
ROUGHNESS
CUTOFF = 0.8mm
TRAVERSING LENGTH = 2.00mm
MAG. = 500
Rz = 3.4μm Rmax = 25.7μm Rz = 15.3μm

15.3z

量産へ向けた問題解決のために『精密砂型鋳物』が生きる

3Dデーターを忠実に形にする「精密砂型鋳物」での試作プロセスは、
ダイカストでの量産時に発生する問題点を試作段階で検証できる
大きなメリットがあります。

精密砂型試作品での耐久テストで↑部に応力集中による微細クラックが発生することが判明   量産に向けた第二次試作では問題個所にR付けで対策

『精密鋳造品』は肉厚・形状の再現性が高く
ダイカスト品と同等の実装評価を得ることが可能になります。